クロムハーツを生んだ3人のアメリカ人

シルバーアクセサリーの高級ブランドと言われているクロムハーツは、3人のアメリカ人、リチャード・スターク、ジョン・バウマン、そしてレナード・カムホートによって1988年に誕生したブランドです。

もともそ3人はそれぞれ異なる仕事に就いていましたが、当時皮革製品のセールスを愛車のハーレー・ダビットソンで行なっていたリチャードが、偶然にも同じ皮革製品のセールスをしていたジョンと出会い、バイク用の皮革ファンションのビジネスを共同で始めることになりました。

3人目のレナードは、セールスとは全く関係のない彫金職人でしたが、リチャードとジョンが、バイク用の皮革ファンションに加え、ハーレーに乗る以外にも身に付けられるファッションを求めたことで、彫金職人のレナードも共同ビジネスに参入することになりました。

クロムハーツの検索物語」によれば、1989年に上映された映画の衣装にクロムハーツのシルバーアクセサリーが使用されたことから、クロムハーツは皮革製品だけではなく、常に人気の高いシルバーアクセサリーの位置を確保するようになったのです。